2017-02-24

シードルアンバサダー認定試験

シードルの知名度が徐々に上昇し、国内のリンゴ産地でもシードル造りの取り組みが増えていますが、まだまだシードルを知らない方、経験が少ない方が多いのが実情です。一部では、シードルの誤ったり偏った情報を目や耳にする機会も増えてきました。
日本シードルマスター協会では、世界各国のシードルやリンゴの文化を正しく理解し、情報提供をおこなえる人材を「シードルアンバサダー」として認定しています。

第8回東京開催:2018年5月13日(土)のお申し込み受付(3月17日開始)

詳細は、こちらをクリックするか、当ページの後半をご確認ください。

試験内容

難易度:★☆☆

回答方式:マークシート形式

出題数:30問

回答時間:30分 ※時間は十分にございます

出題方法:
  知識問題 四肢択一 29問
  テイスティング問題 五肢択一 1問(生産国を選択)

 

テイスティング問題

シードル主要生産国のシードルテイスティングが、最後の問題として出題されます。
試験で使用するシードルには、日本で販売されており、その国の特徴がよく出ている銘柄を使用します。

出題対象国:
イギリス、フランス、スペイン、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、日本

 

シードル講座風景

学習サポート

試験に向けた準備として、以下をご用意しています。

■公認図書:
シードルの事典(誠文堂新光社) 

■推薦図書:
世界のシードル図鑑(原書房)
りんごの歴史(原書房)

■WEBマガジン「にっぽんのおいしいシードル」(虹有社)
http://www.kohyusha.co.jp/nanairo/title/cider/

■講習会:試験前に出題範囲に対応する対策講座を開催します。
上記公認図書の補講講座として、毎回テーマを設定して行います。テーマの講義内容から5問程度出題されます。

出題範囲

歴史
世界や日本におけるリンゴ栽培、およびシードル(CIDER,CIDRE,SIDRA,HARD CIDER等)作りの歴史
国・地域ごとの特徴
その国ごとのシードルの製法や食文化、栽培しているリンゴの種類などの特徴
シードルの製法

瓶内一次発酵、瓶内二次発酵などの伝統的な製法から、タンク内二次発酵、カーボネーション方式など

リンゴの種類

シードルに使われるスイート、シャープ、ビタースイート、ビターシャープと、日本国内のリンゴの品種

リンゴ産地と栽培
世界や日本のりんご産地の特徴や規模、主に日本のりんご栽培の基本的な時期や工程
酒税法や産地呼称制度
日本におけるシードルに関する酒税と、世界や日本の産地呼称制度

第7回シードルアンバサダー認定試験(東京市ヶ谷)開催概要

シードルの知名度が徐々に上昇し、国内のリンゴ産地でもシードル造りの取り組みが増えていますが、まだまだシードルを知らない方、経験が少ない方が多いのが実情です。一部では、シードルの誤ったり偏った情報を目や耳にする機会も増えてきました。
日本シードルマスター協会では、世界各国のシードルやリンゴの文化を正しく理解し、情報提供をおこなえる人材を「シードルアンバサダー」として認定しています。

(写真は、過去の開催イメージです)

【日時】

2018年5月13日(日) 14:00〜16:15頃(13:40 受付開始)

※講座のみ受講の方は、15:15終了となります。

【場所】

NATULUCK市ヶ谷外堀通り店 大会議室

東京都新宿区市谷田町2-19-1 NBC市谷田町ビル3階
<最寄り駅>

東京メトロ「市ヶ谷駅」5出口から徒歩3分
JR「市ヶ谷駅」出口から徒歩7分
都営地下鉄「市ヶ谷駅」4出口から徒歩7分

【募集人数、受講・受験料、特典】
セミナー受講&試験 定員30名 4,320円(税込)
セミナー受講のみ  定員10名 2,160円(税込) ※試験開始前にご退場となります
※申し込み締め切り:2018/5/7(月)23:59
【タイムスケジュール】
13:40〜 受付開始

会議室入口の受付にて、Yahoo!パスマーケットでの購入チケットをスマートフォンの画面、またはチケットを印刷した紙にて確認したのち、受験票をお渡しします。

14:00〜15:15 試験補講セミナー(英国Ciderの基礎講義、試飲付き)
今回は、世界一のCider消費国であるイギリスのCiderについて、Ciderを輸入されている株式会社ワイン・スタイルズ代表取締役 田中球絵様(実績:NHKカルチャー シードル講師)に登壇いただきます。
※英国Cider 1種類 試飲あり
※シードルの事典(誠文堂新光社)の補講となります。
※講義内容からは最低5問、試験に出題されます。
(休憩 15分) 
※講師への質問がおこなえます。
※セミナーのみ参加の方は、休憩中の退場となります。
15:30〜16:00 シードルアンバサダー認定試験(30分)
全30問(うちテイスティング1問) 
マークシート形式(四肢択一)
合格ライン:70%(21問)以上の正解
知識問題:四肢択一
テイスティングは、生産国を答えていただきます。(五肢択一)
注)講義の終了時間により多少開始時間を変更する場合がございます。
【持ち物】

筆記用具(シャーペン、鉛筆、消しゴム)、時計、Yahoo!パスマーケットのチケット購入が確認できるスマートフォンまたは印刷したチケット

【難易度】

人材育成を目的とした基礎的な試験であり、初級〜中級レベルとなります。

【出題範囲】
以下のシードルアンバサダー制度紹介ページをご確認ください。
【合格発表・認定証の送付】
ご受験後、約3週間後までに合否結果および以下をお送りします。
合格の方 ・・・認定証、シードルアンバサダーバッチ(レターパックにて送付)
不合格の方・・・誤りがあった回答の解説(メールにて送付)
【参考図書・コンテンツ】
・シードルの事典(誠文堂新光社)

日本国内で初めてシードルについて総合的に紹介・説明している、シードルアンバサダー試験の基礎となる書籍です。

協会直営ショップ(テイスティングノート付き)

http://shop.jcidre.com/items/9282459

amazon

http://amzn.to/2zyBEr4

・シードルガイド2017
テイスティング試験は、こちらに掲載のシードルを使用します。
入手されていない方は、以下の協会公式ネットショップより購入できます。
・世界のシードル図鑑(原書房)
少々お値段が張りますが、試験対策だけでなく、海外のシードル事情を知りたい方にオススメです。
http://amzn.to/2wC7XB1(amazonへリンク)
【キャンセルの扱い】
 キャンセルは、クレジット決済に限り、14日前まで受け付けます。キャンセル料は不要です。
 それ以降は、原則お受付できませんのでご注意ください。
 コンビニ決裁の場合は、システムの都合によりキャンセルできません。 
 

【飲食店・酒販店にお勤めの皆様】

飲食店や酒販店など、シードルが飲める、買えるお店のオーナー、スタッフの方には、「シードルアンバサダーがいるお店」ステッカーを、合格証とともにお送りします。
当日、御名刺を1枚ご用意ください。
シードルアンバサダーがいるお店ステッカー
 

試験会場:NATULUCK市ヶ谷外堀通り店 大会議室